シンガポールの物価情報!! 日用品・食品の値段



今回はシンガポールにおける日用品・食品の物価を、スーパーマーケットで調査いたします!

シンガポールに観光や長期滞在を予定の方など、参考にしていただければ幸いです。

今回はシンガポールでも有名なスーパー「Cold Strage(コールドストレージ)」グループで、外国製品なども多くそろっている「Market Place(マーケットプレイス)」でスーパーに売っているものを徹底的に調べてまいりました!

日本食も多く扱っているスーパーですので、滞在予定の方には大いに参考になるはずです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

なお、今回の日本円での値段は、
1シンガポールドル=80円(2019年1月)のレートで計算しています。

野菜・果物の物価

・トウモロコシ(2本)   $1.85(148円)
・きゅうり(大き目)    $5.95(476円)
・白菜(900g)       $5.20(416円)
・キャベツ(半玉)     $3.50(280円)
・なす(大き目・2本)   $4.50(360円)
・りんご(6個)      $5.90(472円)
・すいか(1玉)      $5.00(400円)
・台湾マンゴー(1個)   $6.50(520円)
・ジャガイモ(1kg)    $6.45(516円)
・玉ねぎ(5個)      $3.69(295円)
・にんにく(8個)     $3.60(288円)

海外では野菜の量をポンドで測る国も多い中、シンガポールは個数やKG(キログラム)を使用しています。海外の商品を扱うプレミアスーパーなので、安いところを選べば、野菜や果物はもう少し安くなります。

フルーツなどはカットフルーツなども売っています。

肉・魚・卵・乳製品の値段

・牛乳(2L)   $6.05(484円)
・たまご(10個)   $3.00(240円)
・ハム(200g)    $10.99(879円)
・ソーセージ(350g) $6.95(556円)
・ポークリブ(300g) $5.35(428円)
・牛肉(200g)    $6.10(488円)
・サーモン(300g)  $10.85(868円)
・鶏肉(ウイング1㎏) $4.50(360円)

お肉類は以下の通りです。東南アジアはチキンが主要なお肉なので安めの設定になっています。一方、豚肉や牛肉は輸入品ということもあり若干高めです。

冷凍食品の値段

・フライドポテト(1㎏)   $1.95(156円)
・グリーンピース(500g) $1.95(156円)
・コーン(500g)     $1.95(156円)
・春巻き(6本)       $2.60(208円)
・ピザ(1枚)        $10.45(836円)
・ミートパスタ(1食分)   $4.10(328円)

海外に行けばわかると思いますが、冷凍食品のクオリティーは日本がナンバーワンです。シンガポールでも種類はたくさんありますが、チンして食べるタイプのクオリティーはぼちぼち…。 近隣諸国から輸入しているのか、かなりお安めです。

パン・コメ類・パスタの値段

・日本米(2㎏)   $18.30(1464円)
・パスタ(500g)  $3.15(252円)
・ベーグル(4個)  $3.90(312円)
・食パン(6斤)   $2.10(168円)

後程詳しく書きますが、シンガポールは日本食の宝庫で、あらゆる日本食が手に入ります! もちろん日本のお米も入手可能です。

お菓子・清涼飲料・アルコールの値段

・ミロ(チョコレートドリンク・225ml)    $1.30(104円)
・ミネラルウォーター(現地ブランド・500ml) $1.25(100円)
・ミネラルウォーター(エビアン・500ml)   $1.95(156円)
・リンゴジュース(1L)            $2.65(212円)
・モンスター(500ml)            $2.75(220円)
・メントス                  $0.95(76円)
・M&M(チョコレート・200g)        $6.15(492円)
・ドリトス                  $4.95(396円)
・ハリボー                  $2.15(172円)
・ビール(タイガー・500ml×2本)       $8.50(680円)
・ビール(スーパードライ・350ml)      $3.80(304円)

お菓子類は種類豊富で、マレーシアなどの日本人にはあまり見慣れないブランドは1ドルちょっとのスナックなど山ほどあります! 逆にアメリカなどの「LAYS」・「ドリトス」などはパーティーサイズで5ドルほどと現地のものより高めです。

また、シンガポールではガムは違法なのでいくら探しても売ってないので注意しましょう!!

日本食品の値段


シンガポールの良いところはあらゆる日本食が揃っていることです。

ふりかけからカップラーメン・惣菜など長期滞在でも日本食が恋しくなったらいつでも買ってきて作ることが可能!!

日本で買うより割高にはなりますが、長期滞在者には強い味方です。

・日本のポテチ類       $5.00~6.00(400~480円)
・柿の種(6パック)     $7.20(576円)
・キューピーマヨネーズ    $6.95(556円)
・カレーのルー        $7.00ほど(560円)
・ウスターソース(500ml)  $8.60(688円)
・ふりかけ          $3.50ほど(280円)
・コアラのマーチ       $1.30(104円)

一部を上げましたが日本食はまだまだ存在します。

ちなみに、ここのスーパーではお総菜コーナーに寿司も置いてありました。最近はどこの国のスーパーでも寿司を見ますが、世界の日本食ブームはすさまじいものがありますね…。


その他食品・日用品の値段

 ・日清カップヌードル(現地版)    $1.95(156円)
・トマトソース(パスタ用・380ml)  $6.25(500円)
・ケロッグコーンフレーク(300g)   $5.80(464円)
・サラダ油(1L)           $10.95(876円)
・サランラップ            $3.20(256円)
・シャンプー(Dove・200ml)     $3.95(316円)
・洗剤(Tide・1.36L)         $15.05(1204円)
・トイレットペーパー(10個)      $8.15(652円)
・ティッシュ(3Box)         $6.10(488円)


まとめ

いかがだったでしょうか?

物価の高さに驚いたという人もいるのではないでしょうか?今回はダウンタウンの中心部、外国人や日本人がよく買い物をするスーパーの物価を調べましたが、少し郊外に出ると、現地の方々が使っているスーパーもありますので、そちらだともっと安く買える製品は多々あります。

シンガポールは狭いようで、いろいろなところにモールやマーケットがありますので、海外の生活に慣れたら、現地のスーパーなど開拓していくのもいいかもしれませんね!!

【最安値空港アクセス】終電後・深夜のシンガポール・チャンギ国際空港から市内へのアクセス方法



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください