最安値で海外ホテルに泊まる方法まとめ集!!おすすめのホテル予約サイトを解説!!

海外旅行・出張に行く際、ホテルの予約は必要不可欠です。

ですが、海外旅行に慣れていないと「どうやってホテルの予約を入れればいいの?」「どのサイトが最もお買い得なの?」といった、たくさんの疑問が出てくると思います。

今回はそんな、多くの人が疑問に抱く、海外のホテルを予約する際、最もおすすめなホテルの予約サイトを紹介していこうと思います!!

この記事の筆者は、ここ4年間で30回以上海外に渡航し、70泊以上海外のホテルに滞在した経験があります。

そんな筆者が、今まで旅行した中でおすすめ出来る5つのホテル予約サイトを、特徴等を含めてシェアしていきたいと思います!!

これらのサイトは日本語検索も可能であり、アメリカを含めた海外の方々からも、信頼と人気のある予約サイトです。

海外渡航の際は、是非今回の記事を活用いただきたいと思います!!

**この記事は2020年3月現在の情報を使用しています。最新の情報とは異なる可能性もございますのでご注意ください。

おすすめ!! 海外ホテル予約サイト4選!!

それでは早速、海外ホテルのおすすめ予約サイトを紹介していこうと思います!!

今回は、強固な強みのある4つの予約サイトを紹介していきます!!

それぞれのサイトの強み・特徴についてまとめていきますので「次回の旅行に最適だ!!」と感じるサイトを探してみてください!!

ブッキングコム(Booking.com)



ブッキングコム(Booking.com)の特徴
世界最大のホテル予約サイト!!
ホテル取扱件数は世界最多(約150万件)
料金は業界最安値レベル
最低価格保証あり
口コミ件数が多数で信頼性がある
24時間前までキャンセル無料プランが多数
genius会員になると対象のホテルが10%割引に!!

まず初めに紹介する予約サイトがBooking.comです。

Booking.comは世界最大のホテル予約サイトであり、そのホテルの取り扱い件数は約150万件と、圧倒的な数を誇っています。その為、どの都市でも高級ホテルからバックパッカー用のホステルまで、幅広いホテル群の中から宿泊したい施設を選択可能です。

また、Booking.com最低価格保証を行っており、他のサイトより料金が高く販売されていれば、差額分を割り引いてもらうことも可能になっています。普通に予約を入れても業界最安値レベルの料金でホテルの予約が可能な為、非常におすすめな予約サイトと言えるでしょう。

一方、会員制度も存在し、genius会員の資格を得ると対象のホテルで宿泊が10%割引になり、アーリーチェックイン無料朝食・レイトチェックアウトなどの特典が受けられることも魅力的です。(特典はホテルによって異なります)

genius会員の資格取得方法は、Booking.comからの予約で、ホテルを5泊分利用するだけなので、簡単に習得する事が出来ます。さらに特典も魅力的なので、長期滞在が決まっている方は、一気に会員資格を取ってしまうこともお勧めできます!!



Booking.com

エクスペディア(Expedia)

エクスペディア(Expedia)の特徴
料金はかなり安い!!
エア割(航空券+ホテル)が激安!!
知名度は抜群

続いて紹介する予約サイトはExpediaです。

アメリカに本社を置くホテルの予約サイトで、全世界で約30万件のホテルを取り扱っています!!

そんな中で、Expediaで最もおすすめできる予約方法がエア割(航空券+ホテル)です。

航空券と宿泊施設を同時予約することで最大、ホテル料金が全額オフになります!!

詳しくは、下記の【ホテル+航空券で激安!!おすすめのパッケージ販売サイトは!?】の項で紹介していますので、そちらをご覧ください!!

Expedia

アゴダ(Agoda)

アゴダ(Agoda)の特徴
東南アジアに強い!!
ポイント制度(リワード制度)の還元率がお得(3.6%のポイント還元)
アジアの宿泊施設が格安でお得
クーポンが豊富
最低価格保証あり
ホテルへのアクセス情報(マップ機能)も豊富

日本人サポートも豊富

Agodaはシンガポールに本社を置く、ブッキンググループのホテル予約サイトです。

その特徴は、シンガポールを拠点としている事もあり、東南アジアのホテル取り扱い件数が圧倒的に多く、安い料金での宿泊が可能になっています。

また、専用のリワード(ポイント)制度を利用すると、100円につき実質3.6円のポイントを還元する事が可能で、業界内では最も高いレベルのポイント還元率を維持しています。(会員グレードによって還元率は変動します)

日本人を主要顧客にしていることもあり、サポートも充実しています。

Agoda

トリップコム(Trip.com)

トリップコム(Trip.com)の特徴
ホテルの料金は最安値レベル!!
中華圏のホテルに強い!!
日本語サポートも24時間対応
イレギュラー発生時の対応はイマイチか…

Trip.comは中国に本社を置く旅行サイトです。

中国国内の旅行サイトとしては、圧倒的なシェアを誇っており、中国のホテルの予約・中国新幹線の予約・中国の国内線(飛行機)の予約が海外からも可能となっています!!

ホテル予約に関しては、他の予約サイトよりも安値で販売されている事が多く、最安値でホテルを予約できるサイトと言う事ができるでしょう。

ただし、カスタマーサポートの評判はイマイチで、特にホテルでのイレギュラー(トラブル)時の対応は、業界の中でも悪評判です。

中華圏のホテルを中心に、圧倒的にホテルのバラエティーが豊かで、安い料金でのホテル予約が可能となっているので、中国に行く予定の方は是非チェックしてみてください!!

Trip.com

ホテル+航空券で激安!!おすすめのパッケージ販売サイトは!?

続いては、航空券とホテルの同時予約でお買い得になる予約サイトを2つ紹介していこうと思います!!

海外に渡航する際、航空券とホテルの予約はどちらも必要不可欠です。ホテルだけの予約に比べて、ホテル+航空券を同時予約する事で割引率が大幅に増されるので、是非みなさんも利用してみてください!!

エクスペディア(Expedia):ホテル+航空券

エクスペディア(Expedia)の特徴
AIR割(航空券+ホテル)での予約が激安!!
ポイントが貯まる(75円=1ポイント)
条件によってはホテル代が全額無料も!!

ホテル+航空券の同時予約で最もおすすめなサイトがExpedia(エクスペディア)【航空券+ホテル】です。【AIR割(航空券+ホテル)】を使うと、航空券とホテルの同時予約が可能で、最大でホテル代の全額が無料になります!!(通常10~50%程の割引)

航空券・ホテルともに、Expedia(エクスペディア)【航空券+ホテル】の豊富な選択肢の中から選ぶことが可能で、ホテルに至っては、高級ホテルからバックパッカー用のホステルまで、幅広い選択肢があることも魅力の一つです。

筆者は今まで、月2回ペースで日本を出国し海外に渡航してきましたが、お金をセーブしたい際は、必ずExpediaのAIR割を確認していました。

他の旅行会社のパッケージに比べて圧倒的に安いので、予算を絞った旅行の際は、是非ともお勧めできる予約サイトです。

Expedia(エクスペディア)【航空券+ホテル】

JTBダイナミックツアー:ホテル+航空券



JTBダイナミックツアーの特徴
安心の国内旅行会社大手!!
ポイントが貯まる(支払い金額に対して0.5%の加算率)
価格はExpediaより高め

最後に紹介するのがJTB航空券+ホテル付帯の格安ツアー・ダイナミックJTBです。

ダイナミックJTBでは、世界各国への航空券+ホテルツアーを予約することが可能で、JTBの他のツアーに比べて格安で予約をすることが可能となっています。

ただし、格安ツアーであることから添乗員は基本的に付いておらず、現地での移動やアクティビティーの参加も自ら手配する必要があります。(有料でJTBのアクティビティーや空港送迎を付帯することも可能)

国内最大手のJTBが販売するツアーということもあり、サポート等も海外サイトに比べ充実している為、海外旅行初心者やある程度予算に余裕がある方にはお勧めできます!!



ダイナミックJTB

総括

いかがだったでしょうか?

海外のホテル予約におすすめなサイトを紹介してきました!!

その中でも筆者が最もよく利用するおすすめサイトは以下の通りです!!

ホテル予約
Booking.com
Expedia
ホテル+航空券予約
Expedia(エクスペディア)【航空券+ホテル】

ホテル予約でおすすめなExpediaBooking.comは、世界最大級のホテル予約サイトであり、その安さと使い勝手の良さは絶大的です。筆者はここ4年間で海外のホテルで70泊近くしましたが、その半分がExpediaBooking.comから予約したものです。

一方、【ホテル+航空券予約】では、Expedia(エクスペディア)【航空券+ホテル】からの予約が圧倒的にお買い得になります。航空券とホテルの同時予約で、ホテル料金が大幅に割引かれる為、学生旅行やバックパッカーなど、予算重視の方にはおすすめです!!

この他にも、それぞれのサイトには特徴があり、ニーズに合わせて予約サイトを使い分けることが、最もお買い得になる秘訣です!!

海外に渡航の際は、是非今回の記事を参考にホテルを探してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください