【カルチャーショック】海外でラーメンは高級料理? カナダで人気の家系ラーメンを食べてみた!!

近年は日本食ブームが海外でも起きておりあらゆる国のいたるところに寿司屋やラーメン屋などのお店を拝見することができます。

その中でもラーメン屋の進出はいっそう規模を増しており、筆者が2017年にトロントに住んでいた頃には、1年で5件以上のラーメン屋ができるのを目のあたりにしてきました。

今回はそんな北米・カナダ・バンクーバーで新しくオープンした家系ラーメン屋のお店の雰囲気をレポートしたいと思います。

いったい、海外の家系ラーメンの味はどういったものでしょうか?

30ドルのラーメンも? 北米のラーメン事情

日本でラーメンと言ったら手軽に行けて1000円以下から食べれる庶民的な食べ物と言う印象がありますが、アメリカ人はレストランに行くような感覚でラーメンを食べるのが一般的です。

例えばニューヨークに近年オープンしたとんこつラーメン一蘭では、ラーメン1杯の値段が18ドル以上します。

日本で食べる値段と比べて倍以上の値段がかかり、旅行でニューヨークに行った日本人客が食べようと思うような値段ではありませんね。笑

マンハッタンに店舗を構える一蘭では、ラーメンが18.90ドル。替え玉は3.90ドルです。

さらに、ラーメンと言えどアメリカではチップが必要で、ウェイターに10%から20%ほどのチップを合計金額に上乗せしなければなりません。

別のラーメン店ではラーメン1杯35ドル以上で提供しているお店もあり、北米のラーメンは庶民の料理ではなく高級料理といっても過言はないかもしれません。

カナダの家系ラーメンを食べてみた!

それではカナダに上陸した家系ラーメン・家家家(Yah Yah Ya)について雰囲気を見ていきましょう。

カナダの繁華街であるロブソンストリートの好立地に家家家は店舗を構えます。

ラーメン屋さんの前にはメニューが出ていますが、日本にある家系ラーメン屋にそっくりのメニュー表です。

日本人が多いバンクーバーですか家系ラーメンは今までなかったため現地のコミュニティーで話題になっていました。

家家家の店舗。愛ラブ家系と書かれています。
こんな日本食メニューも存在します。

店内に入ると非常に多くのお客さんで賑わっています。中には招き猫などのデザインも施されており、どこか日本の居酒屋を彷仏するような印象です。家家家ではラーメンのほかに餃子・唐揚げ・たこ焼き・まぜそばなどが提供されており、日本の味を味わうことができます。

家系ラーメンは普通豚骨醤油が基本となりますが、この店には醤油・塩味・噌・スパイシー味噌・ブラックとんこつ・ガーリック味噌といった、たくさんの種類のラーメンが用意されていました。

それでは一般的な醤油ラーメンのレギュラーサイズを頼んでみます。

お昼時でにぎわう店内。店員は日本人の方が多いです。
種類がすごく豊富です。
調味料がたくさん並んでいます。まさしく家系の光景ですね!!!

海外のラーメンの味は?アメリカのラーメンが薄い!

早速醤油ラーメンが到着しました。

提供されるまでの時間は10分ほどとまずまずの時間です。

見た目は日本で食べる家系ラーメンにそっくりでしっかりほうれん草もトッピングされています。

日本の家系に見た目はその物です。

さて、筆者も久しぶりのラーメン。味はいかほどのものなのか??

日本では家系ラーメンを頻繁に食べている筆者ですが、1口すすると、「なんだこれは!」と声が出そうになるほど味が薄いです。そして、麺は一般的な家系ラーメンよりだいぶ細く、全く家系ラーメンの面影はありません。

細めの麺でスーパーで売っている生めんに似た触感…。

正直不満タラタラで食べていると隣の中国人カップルがすごいおいしいと絶賛していました。

実はこのような事は北米でよくあることで、日本のラーメンの味は海外の人にはしょっぱすぎるため薄味で提供しているのです。

はじめに店員に濃いめか薄めか聞かれたときに、普通と言ってしまったのが間違いでした。笑

そんなこんなで1杯召し上がりましたが「どこか家系とは違う…」といった感じが正直なところです。笑

合計金額はチップを含め約13ドルほど。この味にしてはちょっと高いかなといったところでしたがバンクーバーの地元の方々からはかなり好評をいただいてるようです。

まとめ

今回はバンクーバーのラーメンを食べました。北米にはどの大都市にもラーメン屋がたくさん存在しており地域によって味も若干変えているようです。

日本で外国の友達をラーメン屋に連れて行くと、しょっぱすぎると言う人がたくさんいます。中には水をたしている友人もいたほどでした。海外に住んでわかったことですが、日本料理は他国の料理と比べてかなり塩分が高く、ラーメンはその最もたる料理だと言っても過言はないと思います。

そんなことで海外のラーメンは基本普通の味でオーダーしても薄味で来ることが多いです。ですので、もし海外でラーメンを食べる際は濃いめとオーダーすることをお勧めします

今回の家系ラーメン家家家ですがスープはともかく久しぶりにラーメンを食べれて、その点で筆者は満足でした。笑

もっともっと日本の文化であるラーメンが海外に浸透してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください