【カルチャーショック】元刑務所 本物の牢獄を使ったホステル⁉⁉ in CANADA

監獄ホテル・オタワ

今回は北米では有名なホステルチェーン「HI」系列グループのオタワ支店「HI Ottawa」についてみていこうと思います。この「HI Ottawa」は他の系列店と違った独特なつくりとなっており、建物はかつて、刑務所として使われていた本物の牢獄を使用したホステルです。「牢獄ホステル…??」といってもピンとこないでしょうから実際どのようなものなのか写真などと一緒に解説していこうと思います。

 

かつては牢獄 死刑も行われた牢獄ホステル

Hi Ottawaは1973年にオープンしたカナダの首都・オタワに位置するホステルです。実はこのホステルの建物は非常に歴史が長く、1862年に建てられています。さらに言うと1972年までは現役の刑務所(牢獄)として使われており、実際に犯罪者などが収監されていました。この刑務所では過去、3度死刑が実行されており、殺人などの凶悪犯なども同様に監修されていたようです。

そんな刑務所なのですが、1972年ホステルグループが買い取り、今現在、当時の面影を色濃く残した「犯罪者の気分を味わえる」がモチーフのホステルと変貌しています。

それにしても実際悪人が収容されていた部屋と同じ部屋を使うわけですから、こわい人は本当に怖いと思います(笑)。ちなみにお値段は個室で1泊3000円程度と、北米の都市ではかなりのお安い設定となっています。

いったい中の様子はどうなっているのでしょうか?詳しく見ていこうと思います。

監獄ホテル・オタワ

…入口です。古い建物なので、当時の面影を残した、ヨーロッパ風の建物です。

牢獄ホステル かつて囚人が寝たスペースで一夜を明かす

建物の中に入るといかにもホステルらしいロビーが広がっています。チェックイン用のカウンターがあり、この時点ではまだ監獄感はあまりありません。今回はexpediaから予約を入れましたが、普通のホステル同様、著名なホテル予約サイトから簡単に予約を入れることが可能です。ちなみに毎日「監獄ツアー」をやっているようで、参加すると監獄だったころの話などを詳しく聞くことができます。

監獄ホテル・オタワ

…左手のドアですが非常に頑丈なつくりとなっています。おそらく監獄の頃のものをそのまま使用しているのでしょう。

監獄ホテル・オタワ

鍵をもらったら自分の部屋のあるフロアに向かいます。部屋などは当時の監獄をほぼそのまま使用しているようです。上の写真は夜なのですが、深夜になると電気も消えて真っ暗になるため非常に不気味です(笑)。

監獄ホテル・オタワ

部屋の扉です。もちろん鉄格子でできており、非常に重たいです。

監獄ホテル・オタワ

各部屋の横にはプレートが張ってあり、当時収監されていた収監者の罪状や期間が詳しく記載されています。部屋の中にはもっと詳しい説明書きがありました。

監獄ホテル・オタワ

こちらが室内です。狭すぎてうまく写真が取れないほどです(笑)。中は畳一畳ぐらいのスペースにベッドがあるだけという非常に簡単なつくりとなっています。

かつて収監されていた囚人もこの狭いスペースで毎日生活していたと思うとなんか不思議な感じです。

内装は基本昔と変わらないと思いますが、コンセントと室内灯がついているところは他のホステルと違いはありません。

夜には幽霊も!? 北米ならではの独特なホステル

前述した通り、こちらの刑務所ではかつて死刑も執行されており3人が殺されています。wikipediaの情報ですが、かつてここで処刑された Patorick J. Wheranと思わしき幽霊が徘徊しているのを見たという目撃証言が5000件近くあるそうです。ちなみに絞首刑に使われていた部屋なども残っており、見学も可能なようです。ホステル自体、非常に不気味ですが、1泊くらいなら経験としては面白いかもしれません。(値段も格安です)

監獄ホテル・オタワ

ベッドからの眺めです。筆者は初めただの刑務所をモデルに作ったホステルだと思っていました(笑)。チェックアウトの際聞いて初めて本物であることを知ったので驚きでした(笑)。

 

まとめ

筆者は北米に行く際、「HI」系列のホステルをいつも使うため、オタワの雰囲気は他と違うものがあり、とても系列店とは思えないほどでした。ですがロビーや食事スペースはいたって普通で、地下にはバーなども併設されています。また何度も言いますが、値段が3000円近くと格安で、この値段で個室を確保できるホテルやホステルは北米では珍しいです。ぜひオタワに行く機会があったら、興味本位でもいいと思うので試してみることをお勧めしたいです。部屋は狭いしかなり不気味なので、このホステルに泊まれば、犯罪を犯そうとは思わなくなるはずです(笑)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください