マレーシアの物価情報!!  首都クアラルンプールの物価 



今回はマレーシアにおける日用品・食品の物価を調査いたします!

マレーシアに観光や長期滞在を予定の方など、参考にしていただければ幸いです。

なお今回は、マレーシアの首都であるクアラルンプールの物価をリスト化致します! マレーシアでも地方に行けばもっと物価は安めなので、その点はご留意ください。

それでは、さっそく見ていきましょう!

なお、今回の日本円での値段は、
1マレーシア・リンギット(RM)=RM26円(2019年1月)のレートで計算しています。

交通機関

・タクシー  
初乗り:3RM(78円)
200mごと:0.1RM(2.6円)
1時間(渋滞):25RM(650円)
#空港から市内まで約75RM(1950円)


・電車・バス(ダウンタウン周辺):1RM~2.50RM(26円~65円)

クアラルンプールの交通費は非常にリーズナブルです。

電車・バスは日本のICカード(パスモなど)のようなチャージ式のカードもあり、何度も公共交通機関を利用予定なら購入をお勧めします。

タクシーは、基本メーターがついていますが、値段を交渉してくるドライバーが多いので、注意しましょう。

普通のタクシーより少し高めのプレミアムタクシーも存在します。

食べもの(外食)

・ビッグマックMセット:10.1RM(262円)
・ミネラルウォーター(500ml・現地ブランド):0.6RM(15円)
・スタバ(アイスラテ・トール):10.5RM(273円)
・屋台飯(ローカルフード):7RM(182円)
・レストラン:15RM~(390円~)
・フードコート(ショッピングモール):10RM~18RM(260円~468円)
・日本食(レストラン):20~50RM(520円~1300円)

外食でも非常に安くなっており、300円ちょっとあれば外食可能です。

最も安いのがローカルな屋台の食べ物ですが、潔癖な方や慣れてない方は、なかなか入りずらいかもしれません…。ですが、屋台は本場のマレーシア料理の宝庫なので1度は行ってみることをお勧めします!

食品(スーパーなど)

・チキン(ウイング・100g):1.49RM(38円)
・ブドウ(100g):1.89RM(49円)
・日本米(NISHIKI・アメリカ産・2.5㎏):32.9RM(855円)
・日清カップヌードル:4.38RM(113円)
・卵(30個):12.2RM(317円)
・牛乳(1L):8.99RM(233円)
・ジャム(340g):12.59RM(327円)
・食パン(400g):3.3RM(85円)
・ポテチ(チップスター・大き目):3.59RM(93円)

今回は、市内にあるイオンで調査してまいりました!

さすが日系のスーパー… 

たこ焼きや寿司など日本食も多く取り扱っていました。

マレーシアでは日本食も数多く手に入るので、日本の味が恋しくなることはほとんどないと思います!!

日用品

・シャンプー(375ml):10.99RM(285円)
・歯ブラシ:4.62RM(120円)
・箱ティッシュ(4個):9.71RM(252円)
・トイレットペーパー(10個):11.99RM(311円)
・洗剤(アタック・3.6㎏):24.99RM(649円)
・歯磨き粉:11RM(286円)

観光・エンタメ

・ホテル・1泊(4つ星):230RM~(6000円~)      
・ホテル・1泊(5つ星):500RM~(13000円~)
・ホステル・1泊:40RM~(1000円~)
・ツインタワー入場料  

大人:80RM(2080円) 
子供(3-12歳):14RM(364円)
シニア(61歳以上):14RM(364円)


・国内航空券(クアラルンプール‐ペナン 往復):70RM(1820円)

クアラルンプールのお得なところは、なんといってもホテルの安さです。

シェラトンなどの5つ星ホテルも1万円台で宿泊することが可能で、4つ星だと1万円以下のところが大半です。

筆者はよくクアラルンプールに行きますが、ヒルトン・ガーデンインという4つ星のホテルに泊まりますが、朝食(ビュッフェ)がついて1泊6000円ほどです!! 

しかも、仕様は他国のヒルトンと変わらずきれいで、ビュッフェも豪華です。

また、マレーシアはアジア最大のLCCであるエアアジアの本拠地で、マレーシア国内線や近距離国内線は日本では考えられないほど安くなっています。

クアラルンプールを拠点に東南アジア周遊もお勧めできます!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

マレーシアの物価は非常に安く、大都市のクアラルンプールでも、日本の3分の1ほどの物価と言われています。

また、現地のローカルレストランや市場をマスターすれば、もっとコストを削減することも可能です! 

マレーシアは東南アジアの国の中でも発展しており、かつ治安もいいので非常に滞在しやすい環境が整ってます。

皆さんもぜひ、南国ライフを満喫してきてください!

→シンガポールの物価情報!! 日用品・食品の値段
【最安値空港アクセス】クアラルンプール国際空港からダウンタウンへのアクセス方法

2019年1月現在



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください