最安値の移動手段 カナダ・長距離バスの様子・乗り方を紹介!

カナダ・バス

アメリカ・カナダの移動手段といえば飛行機が一般的ですが、比較的短距離の移動だと長距離バスも利用することができます。さらにバスでの移動は、飛行機や鉄道と比べて非常に安く設定されていることが大半です。今回筆者はカナダのオタワからモントリオールでバスを使いましたが$25ほどの運賃で、同日の飛行機は$200でしたので、いかに安いかがわかってもらえると思います。

今回はそんなカナダの長距離バスの雰囲気と乗り方について簡単に解説していこうと思います。

今回の旅程

Greyhound 5811便 オタワ/11:00am発 - モントリオール/01:30pm着

…ちなみにGreyhoundはカナダの長距離バス運行会社です。アメリカにも同じバス会社がありイギリスの会社が保有しているようです。

チケットの予約の仕方

チケットの予約はインターネットのサイトからするのが一般的です。(英語のみ)

システム自体は飛行機の予約とは大して変わらないのですが、チケットに関して①家で印刷して持ってくるか ②Greyhoundのカウンターで身分証を見せ直接発行するかを自分で選びます。基本②のほうが楽ですが、早朝や深夜出発の場合は印刷してきたほうが無難かもしれません。e-mailにも予約と同時にチケットを送ってくれますが、携帯の画面上のチケットではバスに乗れないルールとなっていますので注意が必要です。

搭乗開始40分前から列が… 飛行機のような長距離バス旅

ここから実際の乗り方について書いていきます。

筆者は今回、上記で説明した通り、家でチケットを印刷し、オタワのダウンタウンから長距離バスのバスターミナルまで向かいます。駅の近くや繁華街周辺にあると思いきや、ちょっと離れた民家の中にバスターミナルはありました。

カナダ・バス

…遠目からですがオタワのバスターミナルに到着です。ダウンタウンからは公共バスで来なくてはならず結構不便な立地です。

カナダ・バス

…バスターミナル内です。チケットカウンターや行先の電光掲示板がありますがかなりくたびれた感じです。

カナダ

…自販機やサンドイッチ屋があります。値段は普通で空港などと比べると良心的。

今回はチケットを印刷済みなのでカウンターによる必要もなく、直接バスのゲート前のベンチで待機します。するとまだ出発まで40分もあるにもかかわらずお客さんが次々と列をなしていきます… どうやらバスの搭乗は5分前に始まるらしいですが、自由席なのでいい席に座ろうと早くから並んでたようです。日本と比べると40分も前からバスを待つなんて考えられません!!(笑)

5分前ぎりぎりでバスと係員が到着。一人ずつチケットを回収していきます。ネットではパスポートが必要と書かれていましたが提示することはありませんでした。 ちなみに北米のバスではバス下に入れる荷物であってもサイズ制限と、チケットによって持ち込み個数の制限があるので注意が必要です。(オーバーした場合は超過料金)

Wi-fi コンセントは完備! 快適な長距離バス旅

今回は2時間弱の路線ですが、長い路線は24時間を超える場合もあります。そのためバスにはトイレ・コンセント・wi-fiがついており日本のバス事情より一足先を行っている印象です(最近の日本のバス事情を知らないので数年前と比べています 笑)。ちなみにwi-fiはまあまあ安定性はよく動画も見れました。カナダの長距離電車のwi-fiは安定性がなく動画は見れなかったので、インターネット環境はこちらのほうが一枚上手の印象です。

シートピッチも飛行機ほどは狭くなく、足を組むことも伸ばすこともできます。超長距離路線の場合は、途中食事休憩のためファーストフード店などがあるところで休憩するそうです。

カナダ・バス

…コンセント完備です。バス自体は古いのですが、設備は今風です。

カナダ・バス

…ひたすら何もないところを走ります… 人口のほとんどは都市や街に密集してるためとてものどかな風景です。

まとめ

車内アナウンスなどは一切なく気づいたらモントリオールに到着していました。wi-fiの環境も充実しており動画などが見れたため退屈は一切しませんでした。また飛行機と違って2時間前に空港に着く必要もないためかなり有意義です。値段を考えるとコストパフォーマンスは各種の交通機関のなかで最もいいのかなとかんじました。ただ今回は2時間ちょっとの短い路線だったため今後長距離のバスを乗る際は、そちらもレポートしようと思います。

カナダ・バス

…モントリオール到着。こちらのバスターミナルはオタワと違い非常にきれいでモダンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください