もはや観光地!? シンガポール・チャンギ空港の魅力と評判を紹介!

シンガポールといえば東南アジアの一大観光地であり、日本人にもなじみのある国です。

そんなシンガポールで世界一を誇るものが、国際空港であるシンガポール・チャンギ国際空港です。2018年に発表されたイギリスの権威ある格付け会社SKYTRAXの空港ランキングでは、例年に続き、世界1位の空港の座を受賞しています。(ちなみに東京羽田空港は3位でした)

それでは一体、シンガポール・チャンギ空港が1位に選ばれる理由はどこにあるのでしょうか?

世界的にも空港設備の評価の高い、日本に住んでいる私達でも、驚きなサービスと設備が詰まっていました!!!

チャンギ国際空港・概要

名称:シンガポール・チャンギ国際空港
開港日:1981年
拠点航空会社:シンガポール航空・スクート・シルクエア
利用者:6200万人(2017年)
所有者:シンガポール政府

シンガポールで航空関係といえば、シンガポール航空が非常に有名ではないでしょうか?

あまり海外に行かない人でもシンガポール航空に良いイメージを持っている日本人は多いイメージです。

その通り、シンガポール航空もエアラインランキングでは毎年最高の5つ星を取っている航空会社であり、サービスに定評があります。そんな優秀な航空会社にふさわしいといえるのがチャンギ空港といえるのではないでしょうか?

シンガポール自体小さい国家なので、拠点とする航空会社は、乗り継ぎ需要に力を入れており、5.5時間以上乗り継ぎの間に時間がある場合、市内の観光ツアーに無料で参加することも可能です。

このように、チャンギ空港では、時間が余った時にも楽しめる「無料」のアトラクションが、高い評価の1つの理由となっています。

チャンギ空港の評判は??

①清潔な環境

チャンギ空港に着いてまず驚くことは、東南アジアとは思えないその清潔感です!!

空港のフロアはカーペットになっており、香りもどこか上品な印象です。

ターミナル内では清掃員が常に巡回しており、高品質な環境が整えられるようメンテナンスされています。

案内板には日本語の表示もありうれしい限りです。

清潔好きの日本人には非常に居心地のいい空港です。

②充実した空港設備

続いて空港設備です。

チャンギ空港はには、いたるところに電子案内番があり迷ったらすぐに自分の位置と搭乗ゲートを確認することが可能です。

Wifiパスワード発行機とチケットをスキャンし位置を特定できる案内マシンが、いたるところに設置されています。

広い空港ですが、迷った時も安心。

レストランの種類の多さも非常に評価されています。

シンガポール料理やマレーシア料理・中華料理に加え、日本食など世界中の食べ物が楽しめます。

また、安価なファストフード店から高級レストランまで、種類も数豊富で予算に見合った食べ物をいただくことができます。

さらに、出入国の手続きなども、待ち時間が近隣国やアメリカなどの諸外国と比べて圧倒的にスムーズなのも魅力です!!

無駄な時間をかけず、すぐに市内へ出発できます。

③空港アクセスも充実

次に空港から市内までのアクセスについてです。

東南アジアでは、空港まで電車が来ていない or 来ていても本数が少ない などの問題が多いですが、シンガポール空港には、直接地下鉄が乗り入れ、市内中心地まで30分ほどです。

また、タクシーや乗り合いバンなどのサービスも良心的な値段で、夜中着でも安心して市内まで行ける空港です。

チャンギ空港で15ドルほどで、市内の各ホテルを回っているおすすめ送迎サービスがあるのでリンクを張っておきますのでご確認ください!! 鉄道がない深夜には重宝するはずです。

【最安値空港アクセス】シンガポール・チャンギ空港からお得にホテル・ホステルまで直行できる方法

シンガポールしかない!?驚きの空港設備!!

①マッサージチェア

まず衝撃を受けるのがこちら…。

なんと、足用マッサージチェアが50メートルおきほどの間隔で大量に設置されています!! しかも使用料金は無料で使い放題です。

長旅で到着した人も、これから出発の人も大喜びの装備(笑)。

世界中でマッサージ用の機械(しかも結構良いやつ)が置いてあるのは、シンガポールだけなのではないでしょうか?

②様々なガーデン

チャンギ空港には、長い待機時間の間でも退屈しないだけの多くのアトラクションが設備されています。

そんな中でも、種類が豊富なガーデンは最も魅力的なアトラクションです。

①バタフライガーデン(Butterfly Garden)

第三ターミナルにあるバタフライガーデンでは30種類を超える蝶が、飼育されています。さなぎから成虫に羽化させる展示などもあり、大人が訪れても面白いガーデンです。

②オーキッドガーデン&コイポンド(Orchid Garden & Koi Pond)

様々な蘭が咲くスポット。その近くにはため池があり大量の錦鯉が泳いでいます。美しい鯉を鑑賞しながら、出発まで優雅な時間を過ごすのもいいかもしれませんね!

③カクタスガーデン(Cactus Garden)

カクタスとはサボテンのことで、数多くのサボテンが展示されているガーデンです。雨が多いシンガポールの野外に野ざらしにされて大丈夫なのか… 少し疑問です(笑)。

④サンフラワーガーデン(Sunflower Garden)

強い太陽光が降り注ぐシンガポールに咲くひまわりは非常に絵になります。こちらは、屋外のガーデンで、飛行機を眺めながらひまわりを鑑賞することが可能です。南国の暖かい風を感じながらリフレッシュできます!

以上、代表的なガーデンを上げましたが、このようにチャンギ空港では多くのアトラクションがあり、待ち時間も快適です。

③映画

チャンギ空港では映画館も無料で開放されています。

上映される映画はスケジュールが決まっており、途中で入退室も可能です。

映画が無料なんてビジネスクラスのラウンジでも聞いたことがないようなサービスを提供しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

シンガポールの玄関口・チャンギ国際空港は設備やエンターテイメントの面など非常に評価が高く、毎年のように格付け会社から高い評価を得ています。

もし、シンガポールに行ったり、シンガポールで乗り継ぎがある場合、是非、世界一の空港を存分に味わってきてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください