海外と国内の公共交通機関情報

ユナイテッド航空 機内食は最低レベルにまずい!?サンフランシスコ‐成田

2018/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

機内の食べ物のクオリティーはここ数年で大きく向上しており、かつて最低にまずいと日本人に豪語された中国や米国の航空会社の機内食は、目覚ましく進化している印象があります。

例えば、私は中国国際航空を愛用していますが(安いから笑)、今まで食べれないほどまずい機内食に当たったことはないですし、とてもおいしいメニューが出ることもちょくちょくあります。

さらにデルタ航空なんかは、非常に高クオリティー・ボリューミーな機内食を提供しており、エコノミーでもおなか一杯で十分満足できる品質を維持しています。

中国南方航空 成田‐大連 機内食は母親仕込みの牛丼?

格安パッケージ デルタ航空(羽田-ミネアポリス)

そんな中、今回は、アメリカ3大航空会社の一つである、ユナイテッド航空のサンフランシスコー成田便に搭乗してきたので機内食を含め、フライトのレポートしたいと思います!!

 

アメリカ3大航空会社 ユナイテッド航空

皆さんはユナイテッド航空をご存知でしょうか??

おそらく知らない人はかなり少数だと思いますが、ユナイテッド航空はデルタ航空・アメリカン航空と並んでアメリカ3大航空会社の一つです。

近年の日本人やアメリカ人のユナイテッド航空のイメージというと

・オーバーブッキングで乗客を引きずり降ろし事件

・客のペット(子犬)を無理やり頭上のスペースに入れ死なせてしまった事件

が、強く印象に残っている出来事なのではないでしょうか(泣)。

これら一連の事件はアメリカのマスメディアから厳しい批判を受けると同時に、日本や世界各地のメディアでも報じられ、世界的にネガティブな印象を顧客に対して与えてしまったことは言うまではありません...

さて、そんな事件を誘発してしまったユナイテッド航空のFA(CA)のサービスレベルとはどういったものなのでしょうか?

アメリカから日本路線のフライトを見ていきましょう!!

 

フライト情報

United Airlines 837便
サンフランシスコ/11:20AM - 成田/2:35PM

フライト時間:11時間15分 機種:B777-300ER 搭乗率:約85%ほど(エコノミー)

 

ユナイテッド 搭乗から機内の様子

今回、私はカナダからシンガポールへ向かう旅程でサンフランシスコ空港では乗り継ぎで成田便に搭乗することとなります。それにしても、サンフランシスコ国際空港には、日本食を扱うお店が大量にあり、それだけアメリカから日本への距離が近いことを感じられます。

…なんと空港の売店には日本のお茶が… 約4ドルとかなり高いですが、1年間アメリカ大陸に住んで、空港においてあるのは初めて見ました。

 

…ユナイテッド航空初めアメリカの航空会社はゾーン制を導入しており、ゾーン1の乗客から次々と搭乗していく決まりになっています。

 

…出発の一時間前になると、飛行機がのそのそとゲートに入ってきました!!

今回の機体はB777-300ER型で、製造から数年もたってない、新造機ということです!!長距離フライトは座席の快適性や新しさによってストレス度合いも異なってくるのでこれはかなりうれしいです。

40分前になると搭乗が開始しますが、日本語アナウンスは一切なし…

乗客は60%くらいが日本人ですが、英語のみのアナウンスとなります。

そんな中ゲートの係員が「こちらからも搭乗していいよ!!」と、若干切れ気味に叫んでいるのに、日本人の乗客は一切動こうとしません(笑)。

観光客っぽい人が多かったからか、この光景を見てしまうと、やはり日本路線には日本語をスタッフがいた方が、日本人からの評価も上がるのかな…  と思ってしまいます。

 

機内サービスとエンターテイメント

いよいよ搭乗が完了すると、プッシュバックして滑走路へ向かいます。

ユナイテッドの機内エンタメの特徴として、航空管制官とパイロットの交信が生で聞けるアプリが入っています(笑)。若干マニアックですが、どんな会話をしているのか、聞いてみると面白いかもしれません。

…アメリカの国内のみ使用可能で、国外に出ると一切使えなくなってしまいます

英語がわかれば、万が一出発機が遅延した際など、何か情報が聞き出せるかもしれませんね(笑)

 

…さすが最新鋭機。Wifiもばっちりです。フライト時間は11時間ほどなので、33.99ドルでWi-Fi使い放題だったら結構お得なのではないでしょうか?

 

…2017年から飛んでいる機材だけあって、座席やモニターなどはどれも最新で、ここは全く文句はありません。

もちろんUSB端子もついており座席下にはコンセントがさせる箇所もあります。またエンタメの量も多く、特に映画は邦画も何本か入っており、多くの映画で日本語が選択可能でした。

つぎに離陸してすぐにドリンクのサービスがありましたが、赤ワインを頼むとなんとボトルのまま出てきました!!以前日本航空でボトルのまま出てきて感動したんですが、このサービスは非常に良いと思います。

 

いよいよ機内食! 味は… か、

いよいよ機内食の配膳が始まります!

今回のメニューは、四川風チキンラーメンヌードルと野菜(焼きそば)です!!

アジア路線だからか、両メニューともアジアメニューで用意してきました!

味は一体いかほどなのでしょうか?

 

初めにこちらは四川風鶏肉。以前乗ったデルタ航空ものは色取りもよかったものの、ユナイテッドは普通という感じ… ちなみに味について、メインのチキンライスはそこまで悪くないものの、サラダがひどい…

ずっと北米に住んでいる筆者ですが、こんなサラダ食べたことがありません…

玄米のようなものが入っており、触感もぶにょぶにょしていてちっともおいしくありません。

さらにパンは、かなり固く、近年あったかいパンを出す航空会社が多い中、あんまり機内食には力は入れていないのかなといった印象です。でもこちらはメインがまあまあだったのでよしとしましょう。

 

続いてこちらが焼きそばの方です。

見た目はまあまあですが味はおそらく私が今まで食べた中で最悪の機内食でした。(泣)

しなびた中華めんの上に解凍っぽい野菜と照り焼きソースがふんだんにかかっています…

確かにアメリカの人はやたら何にでも照り焼きをかけますが、サラダ・パンと合わせるとゲテモノ級です(笑)。

ちなみに右のものは食後のマンゴーアイス。デルタではハーゲンダッツが出るのでどうもデルタの方がいいと思ってしまいます…。

 

…夜の機内の様子。ちなみにFA(CA)さんはいかにもアメリカの客室乗務員といった感じ。

香港・成田ベースの乗務員でしたが、楽しそうに仕事をしていてフレンドリーな人もいれば、超感じの悪い人もいました(笑)。日本人も5名ほど乗務していたのでなんかあっても安心です。

 

こちらは到着2時間前に配られたランチでソーセージとオムレツです。

味は普通に美味しいのですが、ソーセージはカルパスサイズのもの一本しか入っておらず、おなか一杯食べたいという人のものではありません。参考までに下にデルタの機内食を張っておきますので、比べてみてほしいです。

 

まとめ

11時間のフライトを終えようやく成田に戻ってきました。

今回のフライトを通しての、ユナイテッド航空の感想は…

「最安だったらまた乗ってもいいかな…」

といった感じでしょうか。

以前、JAL・ANA・デルタでアメリカ路線に搭乗したことがありますが、機内エンタメやサービス・機内食を含めた印象では、ユナイテッドはどこよりもレベルが低いのかな… という印象を受けました。

ガラガラのANA 北米路線 シカゴ‐東京

JAL 国際線 ボストン-成田 ANAとどちらいいのか? 

日本航空 成田‐シカゴ便 エコノミーでは最高級の機内食!!! 

特に機内食の焼きそばの味はひどく、エコノミーのサービスの根幹ともいえる機内食が残念だったのはかなりマイナスポイントとしてみています。

オーバーブッキングのトラブルなどで、客に対するサービスが再評価される中、今後、ユナイテッド航空の全体的なサービスのクオリティーが上がっていくことを期待して、今回のレポートを終わらせたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Abroad Transit ~海外情報~ , 2018 All Rights Reserved.