北米で最大級?? シアトルの日系スーパー「UWAJIMAYA」 アメリカで手に入る日本食材とは?

UWAJIMAYA

海外に長期滞在している際欠かせないのが、日系のスーパーマーケットです。

近年では、アメリカの各都市で、韓国系・中国系のチェーン型スーパーマーケットを目にすることができます。アジア系のスーパーは日本食材も多く取り扱っており、とてもありがたい存在なのですが、やはり日系のスーパーマーケットがあるに越したことはありません。

今回はそんなアメリカのシアトルにある「UWAJIMAYA」・日系スーパーマーケットについて簡単に紹介しようと思います。

筆者がここ数年で訪れた中では、最大級かつ最も安く日本食材が手に入る日系スーパーです。

 

UWAJIMAYA 概要

店名:UWAJIMAYA

住所:600 5th Avenue South Seattle WA 98104

アクセス:リンク・ライト・レール「International District/Chinatown駅」徒歩一分

5th Avenueを南へ少し行ったところ

営業時間:月曜ー土曜 8am‐10pm

日曜    9am-9pm

「UWAJIMAYA」

筆者が訪れた中で最も大きな日系スーパー・「UWAJIMAYA」は、チャイナタウンのすぐそばに位置しています。トロントやバンクーバーなどの日系スーパーは、郊外にあることが多かったため、アクセスは非常に良いです。

さらにUWAJIMAYAは今年で創業90周年であり、戦前から続いている歴史にあるお店でもあります。

ネットの情報ではスーパーの見学ツアーたるものも存在するそうです。(笑)

 

最安値で日本食が手に入る!? アメリカの日系スーパーの商品とは

では早速どのような商品が置いてあるのか見ていきましょう。

筆者は今までカナダのトロント・バンクーバーに住んだことがあり、何回も日系マートに行きましたが、シアトルのUWAJIMAYAは、商品のラインナップからして、非常に多くの日本製品を取り扱っています!

uwajimaya

麺コーナーだけでも日本の中規模スーパーと同じくらいの商品が並んでいます。

うどんだけでもかなりの種類があり、冷凍の他、生めんタイプのものも多数そろっています。

 

uwajimaya

漬物コーナーも多数の漬物を取り扱っています。

ちなみに日本食材だけではなく、韓国系・中国系の商品も入手可能です。

 

uwajimaya

みそ汁やスープ類も数が豊富です。

また何といっても他の日系マートと異なるのが、その価格です。

私の間隔では北米のスーパーで、日本食を手に入れる際、日本の2倍くらいの料金が相場とみていますが、このUWAJIMAYAでは非常に安値で日本食材を手に入れることができます。

実際私は、サンフランシスコ・ロサンゼルスといった、東海岸の大都市に行ったことがないので、そこらの事情は分かりませんが、今まで行った中では最も良質な日系マートといえるでしょう(笑)。

 

UWAJIMAYA

…のり塩ポテチはカナダでも売っていますが、2.50ドル~3ドルくらいが相場と思われるのでとてもお安いです。

uwajimaya

…中でも驚いたのがこちらのカップ麺… 日清のカップヌードルは北米で手に入るのですが(味は日本のと比べてかなり薄い)、カレー味は初めて見ました。味も日本のものとほぼ同じ。

uwajimaya

スーパー内には、フードコートも入っており、日本食をはじめとしたアジア料理を食べることができます。

また弁当も販売しており、種類も豊富です!!

店の入り口にはたこ焼きの屋台もありました(笑)。

uwajimaya

 

 

まとめ

一部の商品を紹介しましたが、UWAJIMAYAは種類が豊富で、安値で日本食材が手に入るので非常に良いお店だと思います。また、上では書きませんでしたが、店内には紀伊国屋が入っており、日本の本も購入可能です。食材や本の他にも、日本の電化製品や文房具なども取り扱っており、ストリートを挟んだ向かいには、DAISOも店舗を構えています。

バンクーバーに住んでいる身として、こんなに安値で日本製品を買えるお店がダウンタウンにあるのはうらやましい限りです。シアトルに行く用事があれば、ぜひ立ち寄ってみてください!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください