ソウル旅行でおすすめのフリーパス・1日乗車券を解説!! 地下鉄・バスなど乗り放題!

ソウルは韓国の首都でありアジアでも有数の巨大都市です。

近年は日本からの航空便も増え、LCCを利用すると、福岡から片道5000円・飛行時間1時間30分で着くことが可能な、非常に日本から近い都市でもあります。

そしてソウルを観光する際、必要不可欠であるのが地下鉄や公共バスです。

明洞や江南など、韓国の主要観光地に行く際、公共交通機関は欠かせない移動手段となっています。

今回は、そんなソウル旅行で役に立つフリーパス「M-Pass」を簡潔に解説していこうと思います!!

皆さんも韓国に旅行に行く際是非参考にしてみてください!!!

ソウルの一日乗車券~M-Pass~

 M-Pass  
・購入料金(5000ウォンのデポジットを含む)
-一日券:15000ウォン
-二日券:23000ウォン
-三日券:30500ウォン
-五日券:47500ウォン
-七日券:64500ウォン
・購入場所:仁川空港・ソウル駅
・利用可能交通機関::首都圏地下鉄、空港鉄道一般列車、支線・幹線・循環バス、マウルバス、深夜バス、済州市内バス

ソウルでおすすめのフリーパスは「M-Pass」と呼ばれる外国人専用のフリーパスになります。

ソウルには多種多様な交通機関は存在しますが、通常の地下鉄・公共バス・深夜バスなどほとんどの公共交通機関が利用可能であり、ほぼすべての主要な観光地は網羅しています。さらに、韓国のハワイと呼ばれる済州島でも使用が可能で、韓国に旅行する外国人のために作られたお得なパスです。

さらに、カードにチャージすることも可能でプリペイドカードとして、日本のSUICA・PASMO・ICOCAのように使用可能です。

しかし、「M-Pass」にはいくつか制限事項もあります。まず、1日の交通機関の利用が20回までに制限されています。2一日で21回以上地下鉄などを利用する際は、通常の料金(1350ウォン~)を支払う必要があります。また、「M-Pass」の販売場所は仁川空港とソウル駅近くの「Tmoney Town」に限られているため注意が必要です。

前者は、たくさん観光地を回っても、1日20回の利用はいかないと思うのであまり気にしなくてもいいですが、後者の販売場所は、空港を出る際買うのがおすすめなので、次に説明します!!!

購入方法

インチョン空港 到着階

ツーリストインフォメーションセンター
場所:第1旅客ターミナル1階5番出口前/7:00~22:00

「M-Pass」は購入場所が限られるので、空港に到着した際買うのがおすすめです。

仁川空港で韓国に入国し、税関を通過すると到着ロビーに出てきます。そちらの5番出口の目の前にあるインフォメーションセンターでパスの購入が可能です。

ちなみに、パスにはあらかじめデポジットが含まれていますが、帰りの際、同じ場所にパスを返却すると5000ウォンを返却してもらえます。

残念ながら、ソウル/金浦空港では「M-Pass」販売していません。仁川空港を利用予定の方は、こちらで購入することをお勧めします。

「?」マークのインフォメーションセンターで販売しています。5番出口のカウンターでしか売っていませんので、注意が必要。

ソウル駅

Tmoneyタウン
「ソウル駅」10番出口前のソウルシティタワー1階/9:00~18:00

ソウル駅の近くにある「Tmoney town」でもパスの購入が可能です。

こちらは、ソウル駅の10番出口から外に出て、すぐそばにあるビジネスタワーの一回に存在します。

少し、ソウル駅の中でも端っこにあり遠いので、仁川空港利用の方は、そちらで変えてしまう事がおすすめです。

Tmoney Town。こちらで交通系のパスの取り扱いを行っています。

明洞

明洞観光案内情報センター
「乙支路入口(ウルチロイック)駅」5番出口前/9:00~18:00

一大観光地である明洞周辺にも販売所が存在します。

どうやって利用するの?

利用方法は日本のICカードと全く同じです。

改札を通る際と出る際にタッチする場所があるので、そちらにタッチをして駅から出入りができます。

バスの際も乗車の際にタッチスペースにタッチしましょう!!

地下鉄の車内。日本とほとんど同じルールなので安心です。ただ、飲み物も飲むのは禁止なので車内で飲まないように注意しましょう。また優先席若者が座っていると空いていてもいちゃもんをつけられたりするので機を配りましょう。

最後に

以上、ソウル旅行の際欠かせない、公共交通機関を利用する際使える、フリーパスを紹介しました。

近年日韓関係が非常に悪くなっていますが、それでも韓国の多くの方々は観光客に非常に優しく親切に振舞ってくれます。

日本からも近く治安も良いおススメの観光地なので、是非行く機会があれば今回の「M-Pass」で市内を観光してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください