【航空会社】機内アナウンスでカンペ丸読みのスクート航空 カオスな東南アジアのLCC シンガポール-クアラルンプール

スクートは東南アジア・シンガポールに拠点を置く格安航空会社(LCC)です

今回は、シンガポールのチャンギ国際空港から、マレーシアの首都・クアラルンプール国際空港へのフライトについて書いていこうと思います!!

東南アジアの短距離国際線はどんな雰囲気なのでしょうか?また、日本の各地にも就航しているスクートについて解説・紹介していこうと思います!!

スクート ~概要~

スクートは上述したように、シンガポールに本拠地を置く格安航空会社・LCCです。

親会社は日本人にも有名なシンガポール航空で、日本からは主に成田・関空・札幌からシンガポール線(一部台北経由)や、関空からホノルル線を就航させています。

実は、シンガポール航空は、フルサービスキャリア(日本でいうANAやJAL)のシンガポール航空・中堅航空会社のシルクエア・格安航空会社のスクートと、3つのタイプの航空会社を保有しており、そのLCC部門をスクートが担っています!

また、バンコクに、ノックスクートという系列会社も存在し、バンコクも拠点にアジアの各地へ中・短距離国際線を運航しています。

シンガポール航空グループ就航都市。スクートは主に、東南アジア・南アジア・中国・韓国・台湾・日本・オーストラリア・ホノルル路線のLCCとして就航しています。

日本路線では、成田‐台北線が往復20000円台だったり、成田‐バンコク線が往復30000円台で売られていることが多く、最安レベルのチケットを提供してくれる優良航空会社です。

さらに、親会社がシンガポール航空ともあり、安全性が高いとされ、飛行機も新しい機体が多いです。

LCCだけあって、荷物や座席の規定は運賃ごとに詳細に決められています。LCCなのに珍しくビジネスクラスも搭載しています。

余談ですが、2017年に同じくシンガポールに本拠地を置くタイガーエアと合併し、正式名称はスクート・タイガーエアとなっているそうです。(2019年現在)

スクートに乗ってみた

ここからは、スクートのフライトがどんな感じなのか、レビューを書いていきます。今回は、シンガポールからクアラルンプールまでの約1時間の短距離国際線。料金は片道込々で約6700円ほどでした!!

フライト情報
フライト:スクート466便
出発:シンガポール 19:25
到着:クアラルンプール 20:25
機種:A320
搭乗率:70%ほど

シンガポールとクアラルンプール間の路線は東南アジアでも大動脈の路線です。

シンガポールの搭乗ゲート。日本と違い手荷物検査がゲートの前にあります。

国際線なので2時間前にはシンガポールの空港入り。パスポートと電子チケットをもって、カウンターへ行きます。シンガポールはスクートの拠点とだけあって、カウンターもLCCのわりに多めにありスムーズです。

今回の機体です。写真が撮りずらいゲートでした(笑)。
搭乗風景。
500円ほど課金して前らへんの座席にしたらほぼガラガラでした。工法は混んでいます。LCCなので、座席指定料金を払わなければランダムの座席になります(運賃の種類にもよる)。

ドアが閉まってプッシュバックします。

今回のクルーはCAが4名で、全員が東南アジア系の方です。

シンガポールは英語が非常に訛りがあり分かりずらいのですが、このフライトのCAもバリバリのシンガポール訛り(笑)。カナダに住んでいて英語には自信がある筆者ですが、ほぼ何を言っているのかわかりませんでした(笑)。

しかも、アナウンスを読んでいるCAの男性は、なんとカンペを丸読みしています(笑)。

シンガポール訛り+めちゃくちゃ棒読みで、「本当に5スターのシンガポール航空の子会社なのか?」と正直思ってしまいました。

まあ、LCCなのでそこは士気も低いのでしょう。

夕暮れのシンガポール・チャンギ空港
離陸直後。シンガポール空港と背景には、ダウンタウンが移っています。東南アジアの夕暮れは幻想的です。

離陸すると短距離なだけあって、すぐにワゴンサービス開始です。

LCCなのでもちろん、お金を出さなければ何ももらえません。

CAの方々が、せわしなく、がたがたワゴンをぶつけながら急いでサービスをしていました。ノルマでもあるのでしょうか(笑)。

何と日本語の表記も!!1ドル80円くらいなので、ちょっと高めです。
機内食とコンボメニュー
アルコールもやや高めです。日本の路線でも同額だそうです。
1時間のフライトであっという間に降下。マレーシアに到着。

あっというまで、離陸したと思ったらすぐに到着。東京ー伊丹路線くらいの間隔です。

東南アジアの国際線は、格安な分サービスの質を求めるのはあまり期待できないなと今回思いました。それでも、コストパフォーマンスはいいので、おすすめです!! 機会があったら日本路線のスクート国際線もレビューしようと思うので、日本発着のフライトに期待です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください