アメリカ旅行でおすすめの航空会社を比較!! 飛行機の選び方と評判まとめ

皆さんはアメリカの航空会社と言ったらどこを思い浮かべるでしょうか?

アメリカン航空・デルタ航空・ユナイテッド航空と日本に就航している航空会社は3社あります。

また日本の翼である日本航空ANAもアメリカにたくさんの便を飛ばしており日米の航空路線は激戦区となっています。

それでは、アメリカに旅行やビジネスで渡航する際、日系の航空会社を含め、最もお勧めの航空会社は一体どこなのでしょうか?

それぞれの航空会社の特徴やサービスの質の違いについて評価をつけていきたいと思います!

なお、今回は日本からアメリカ本土へのお勧めの航空会社を紹介します。ハワイとアメリカ国内のお勧めの航空会社は別の記事にまとめてますので、それぞれの記事でご参照ください。

#今回はHIS・Expedia・Flyteam等の旅行・航空関連の情報を使用し、おすすめの度合いを1~5つ星までで評価します。各情報サイトのカスタマーレビュー(1年以内)の評価値を平均して星の数を決定しています。
#料金は11月の平均(7月時点)から「高め」・「普通」・「安め」で表記します。ただ、時期・路線によって変動しますのでご了承ください。
#2019年7月現在の情報を使用しています。直行便就航都市等は変更する可能性がございます

JAL

おすすめ度:★★★★★
就航都市:羽田・成田・関西
航空連合:ワンワールド
料金:高い
直行便就航都市:ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・シカゴ・ニューヨーク・サンディエゴ・ダラス・ボストン

まず初めに紹介するのが日本航空です。日本人で知らない方はおそらくいないと思います。

そんなJALの便では日本のおもてなしの高いサービスレベルを感じることができます。

帰国の際も日本航空の機内に入った瞬間から、客室乗務員が温かい笑顔で迎えてくれて、日本に帰ってきたという安堵感に包まれることでしょう。

また機内食のクオリティーは非常に高く、エコノミークラスの機内食でも、有名シェフの監修メニューや吉野家・モスバーガーなど日本の飲食店とのコラボメニューも充実しています。

日本航空のエコノミーの機内食は非常にクオリティーが高く、飛行機の食事とは思えません!!
アメリカ発のパスタ機内食。ワインをボトルでくれるところが地味にうれしい。

そんな日本航空で特筆すべきことがエコノミークラスのシートです。

普通ボーイング787という飛行機の横1列の座席数は9座席が標準ですが、日本航空は8座席の仕様を採用しており、他の大手航空会社より横幅にスペースがあります。

たかだか1座席分と思いきや、10時間近くの北米路線では体の疲労具合が全く違います。

筆者も日本航空のボストン線を利用したことがありますが、行きのデルタ航空に比べ、横のスペースが広めで非常に快適でした。

また客層から言うと、日本人の乗客が多く機内も静かです。

ANAの場合はアメリカの方や、東南アジアから乗り継ぎでアメリカに行くお客さんがたくさんのっているため、JALの方が少しほっとできます。

しかしそんな日本航空の運賃は他の航空会社より少々高めの設定です。

少し高いお金を払っても乗りたくなってしまうのが日本航空といったところで、お金に余裕があって飛行機ではゆっくりしたい人には最もオススメの航空会社です。

座席間隔にゆとりがある日本航空の国際線。
ビジネスクラスでは全シートフルフラットで横になれます。



ANA

おすすめ度:★★★★★
就航都市:羽田・成田
航空連合:スターアライアンス
料金:高い
直行便就航都市:ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・サンノゼ・ヒューストン・シカゴ・ニューヨーク・ワシントンDC

ANAは近年日本航空を抜き日本で最大の航空会社になりました。

そんなANAではJALと同じく、日本のレベルの高いサービスを受けることができます。

また近年、新造機を急ピッチで導入しており、アメリカに就航するほとんどの飛行機が最新鋭の機材を使用しています。こういった最新の機材では機内の湿度が高めに保たれていたりと、長時間のフライトでは非常に嬉しい環境が整っています。

食べ物でいうと、外資系の航空会社の機内食が口に合わないことが多い中、ANAの食事の味付けは日本人好みのものにされておりとてもおいしいメニューが多いです。

ビジネスクラスでは軽食メニューとして、ラーメンやおにぎりなども提供されています。

こちらもシェフがプロデュース。食事のクオリティーは非常に高いです。
サバの塩焼きとそばのメニューで米国帰りにはうれしいヘルシーさ。

そしてANAの特筆すべき点として、就航便数と提供座席数の多さが挙げられます。

ロサンゼルスには大型機を毎日3往復飛ばしており、さすが日本最大の航空会社とだけあって、就航地も就航便数も最多です。

またたくさん座席を提供している分、日本航空より若干安めにチケットを買えることが多いです。

日本航空と同様でビジネスマン層が多いですが、自信を持ってお勧めできる航空会社です。

アメリカ路線では最も多くの都市に就航している航空会社です。乗り継ぎで南米へのアクセスも考慮されています。

デルタ航空

おすすめ度:★★★★
就航都市:羽田・成田・名古屋・関西
航空連合:スカイチーム
料金:普通
直行便就航都市:ロサンゼルス・シアトル・ポートランド・ミネアポリス・デトロイト・アトランタ

デルタ航空は成田空港ハブ空港としており、北米路線のみならずアジアの便も就航しています。

そんなデルタ航空は唯一名古屋から北米への直行便を出しており、デトロイトは毎日飛行機を飛ばしています

上述した日本の航空会社と異なりデルタ航空のサービスはアメリカ式のサービスです。客室乗務員の方は非常にフレンドリーで「日本の手厚すぎるサービスはいらない」と言った人にはお勧めです。

そんな中デルタ航空で特筆できる事は、機内食のクオリティーです。

10数年前までのデルタ航空の機内食は非常にまずいと不評でした。しかし近年は機内の食事にも非常に力を入れており、エコノミークラスの機内食でもボリュームたっぷりのステーキなどが出てきます。

さらにアメリカの航空会社とだけあって、食後のデザートやドリンク、軽食などもボリュームがありおなかいっぱい食べさせてくれます。

デルタ航空のミネアポリス行の機内食。クオリティーもさながらボリュームもなかなか。
こちらは朝食です。味もなかなか。

一方デルタ航空の気になる点として、就航都市が挙げられます。

就航している都市はどちらかと言うとあまりメジャーでないと都市が多く、アメリカに着いてから乗り継ぎ便に乗って最終目的地に向かうといった旅程が多いです。

その分価格も日系2社よりだいぶ安くなっていますが、サービスのレベルや価格面から考えると非常にコストパフォーマンスの良い航空会社です。

ビジネスクラスにあたるデルタワンでは、横になって休めます。

アメリカン航空

おすすめ度:★★★
就航都市:羽田・成田
航空連合:ワンワールド
料金:普通
直行便就航都市:ロサンゼルス・ダラス・ニューヨーク・シカゴ

アメリカン航空は日本航空と同じくワンワールドに所属している航空会社です。

他の日本の航空会社やアメリカの航空会社と比べて、日本の路線への就航便数が頭1つ少ない航空会社です。

サービスのクオリティーはデルタ航空と同じく、いかにもアメリカのサービスといった感じで、余計な気遣いはいらないと言った方にはお勧めできます。

アメリカン航空も以前までは機内食が非常にまずいとネットで評判でしたが、近年ではそのクオリティーはかなり上がっているそうです。(アメリカに良く渡航している友人がなかなか良かったといっていました)

また米国3大航空会社の中で最も大きい航空会社とだけあって、アメリカに着いてからの乗り継ぎの利便性なども良いと評判です。

現時点では成田空港と羽田空港からアメリカ本土4都市に就航しており、今後の新規就航による利便性の向上に期待です。

彩り豊かなエコノミー機内食。デルタ航空と同じく量は十分!

ユナイテッド航空

おすすめ度:★★★
就航都市:羽田・成田・関西
航空連合:スターアライアンス
料金:普通
直行便就航都市:ロサンゼルス・サンフランシスコ・シカゴ・ワシントンD.C.・ニューヨーク(ニューアーク)・ヒューストン・デンバー

最後に紹介するのがユナイテッド航空です。

筆者は今まで何度かユナイテッド航空に乗り、その機内食のまずさなどをレビューとしてあげてきました。(笑)

ユナイテッド航空の機内食のレベルはお世辞にも美味しいとは言えません。特にアメリカ発の路線では注意が必要です。

筆者が人生で120回飛行機に乗り最もまずかった機内食。(笑)詳しくはユナイテッド航空の記事を御覧ください。
こちらは中華風チキン。まあまあのお味。

近年では、オーバーブッキングでアジア人の乗客を無理矢理引きずり下ろしたり、ペットの犬を収納スペースに無理矢理いれて死なせてしまったりと、世界中にマイナスの印象を与えてしまいました。

ただそんなユナイテッド航空。日本からアメリカ行きの便で調べると最安値で出てくることが多くあります。

日本の航空会社の便と比べて数万円近く安くなってることも多く、お金はとにかく節約したいと言う人にはうってつけの航空会社かもしれません。

アメリカの航空会社はサービスレベルはそんなに高くないけれども、国からの指導で安全性においては非常に厳しいルールがあります。

「飛行機なんて寝てればいいから、1円でも安いチケットが良い!!」と言う人には非常にお勧めします。

ユナイテッド航空のホームページは見やすく予約もしやすいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今現在日本各地に集合している北米行の航空会社をまとめてみました。

筆者ここ4年間でアメリカ大陸を3往復しました。その際アメリカン航空だけは乗れなかったので、今後乗る機会があれば当サイトにもあげたいと思います。

そして今まで乗った日本航空・ANA・アメリカン航空・ユナイテッド航空では、それぞれに特徴がありました。

北米への航空券は決して安い買い物ではないと思いますので、旅の前にストレスがかからない航空会社を選ぶのが無難でしょう。

今後は、格安航空会社も北米路線を就航させる計画があるので、さらに安くてコストパフォーマンスの良い航空券にも期待しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください