【航空会社/ラウンジ】大韓航空ビジネスクラスのラウンジを解説!! 食事や設備はいかほどか!?ソウル/仁川国際空港

韓国最大の航空会社・大韓航空。その本拠地であるソウル/仁川空港の第2ターミナルは、近年出来たばかりの新設・ピカピカの空港施設を使用しています!

アジアの空港の中では、非常に優秀で、日本の成田・羽田空港や香港・シンガポールの空港に負けない、清潔感溢れたアジアの玄関口であるソウル/仁川国際空港。

そんな、仁川発大韓航空のビジネスクラス(プレステージクラス)を利用する際、使うことのできる「プレステージラウンジ」にはいったいどんな食事や設備が用意されているのでしょうか!?

サービスレベルの高い、韓国の大手・大韓航空のビジネスクラスラウンジを徹底解説していきます!!!

*この記事は2019年10月現在の情報をもとに執筆されています。最新情報と異なる場合もございますのでご了承ください。

大韓航空ビジネスクラスラウンジ ~概説~

大韓航空の拠点である、仁川国際空港には4種類のラウンジが存在します。

・KAL First Class Lounge
・KAL Miler Clab Lounge
・KAL Prestige Class Lounge
・Terminal 1 KAL Lounge

の4つの種類のラウンジです。

今回はビジネスクラス(プレステージクラス)の乗客が入ることのできる、「KAL Prestige Lounge」について紹介いたします!!

Prestige Class Lounge には、ビジネスクラスの乗客以外にも、「デルタ航空のゴールドメダリオン」「スカイチームのエリートプラス会員」「日本航空の上級会員」が入れるラウンジとなっています。ただ、プライオリティーパスでは入れませんので注意が必要です。

ラウンジは、「West」「East」の2つに分かれており、「East」は、253ゲートの前、6:00-22:00の営業で、「West」は、4:00-24:00の営業となっています。

営業時間の長い、「West」の方が、室内も広く、若干設備も充実しています!

2つのラウンジがあり、Westのほうが若干大きめです。
「West」「East」ともにエスカレーターを上った2階にあります。入り口もきれいなつくりです。

食事 ~辛ラーメンは韓国ならでは!~

それではラウンジ内部はいったいどうなっているのでしょうか?

まずは、ラウンジでの楽しみのひとつである、食事やデザートを全種類紹介していこうと思います!

Prestige Lounge内、ビュッフェ
ガーリックライス
蒸し煮チキンとグレイビーソース
野菜カツレツ。野菜コロッケのような味
豆腐の甘辛煮
辛ラーメン。左がお湯のサーバー
エメンタールチーズ
ブレットコーナー。時間によって種類が変わるようです。チョコマフィン・シナモンロールなど
バナナ
クラッカーとレーズン
サラダコーナー。一番奥はキノコの和え物
ツナのサンドウィッチ

食事の種類は、海外のラウンジとしては豊富で味もおいしいです。

韓国ならではといえるのが、辛ラーメン等カップラーメンが大量に置いてあることで、いたるところでラーメンをすすっている方がいました。

ただ、カップラーメンなのは、正直少し残念…。日本みたいに、麺カウンターでちゃんとしている器に入っているものだとより高級感も出て良いと思います!

キムチなどの韓国料理があると思いきや、辛ラーメン以外にはほとんどありませんでした。

飛行機に乗ったら、すぐに機内食が出ますので、食事の味と種類は十分な水準だと思います。

ドリンク・アルコール

続いて全ドリンク類を見ていきましょう。

ビュッフェの奥には専用のバーカウンターが
ソフトドリンク類。コーヒーマシンとジュース。ジュースはりんご・とまと・オレンジがありました。ティーパックも多数用意してあります。
牛乳と水。水はパックされています。
ジョッキとビール。種類は韓国のMAXとバドワイザー
ウィスキー
ワインは赤と白

ドリンク類も十分な種類がありました。

ただ、日本と比べると少し種類・豪華さで劣ると思います。以前、上海の中国国際航空のラウンジだとカクテルを作ってくれましたが、アルコール類もほとんどセルフサービスなようです。

ただ、海外ラウンジとして量は十分といえるでしょう。

設備 ~シャワーや眠れるスペースは?~

ここからは、ラウンジの設備について紹介していこうと思います。

トイレ

トイレとシャワールーム入り口
トイレの中はとても清潔。
ウォシュレットが全室に完備!海外ではなかなか見ない光景です。

トイレなど水回りはいたって清潔です。

近年、韓国でも温水便座をたまに見ますが、こちらのトイレではすべてに完備しています。

韓国なので、トイレットペーパーも一緒に流すことが可能。日本の空港と同水準くらいのクオリティー。

シャワー

こちらはシャワー室。
バスタオル・バスマット・歯ブラシ・ドライヤー・剃刀等はもちろん完備
シャワー内。シャンプー・ボディーソープも使えます。

シャワー室は、シャワー室周りを巡回している係にチケットを見せると利用可能。水圧も十分でアメニティ類も、ほとんどすべて完備しています。

ひとつだけ、シャワー室内にトイレがあるのが個人的に少し、「いやかな…」といったところ。

トイレがあるところを素足でうろうろしたくないので、ないブースもあるといいなと思います。(ただトイレはいたって清潔です)

マガジン・新聞

アメリカ・韓国の新聞と雑誌が少々。

収納スペース

「West」ラウンジには無料の収納スペースがありました。数はあまりないので、混雑している時間帯は空きがなかったです。

座席・ラウンジ内

椅子は座りやすいものばかり、全座席にコンセントを完備しています。
いたるところでテレビも視聴可能。

ほかに撮影禁止でしたが、仮眠部屋もあり、大きなイスと暗めの照明でゆっくり休むことが出来ます。

総括

大韓航空のラウンジであるKALラウンジの内部を紹介していきました。

海外のラウンジは、国によっては驚くほどクオリティーが低いところもありますが、さすがは韓国のラウンジで、食事・ドリンク・設備等も十分な装備が備わっていると思います。

また、2018年オープンということもあって、非常に清潔でほぼ全座席に電源完備と、パソコンで作業するにも快適です。

日系のラウンジを使い慣れている方でも、文句のないラウンジであること間違いなしでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください