【中国】万里の長城への行き方を解説!電車でのアクセス方法

「万里の長城」は、世界遺産(文化遺産)に登録されており、中国の観光名所として、是非訪れたい場所の一つです。

そんな、万里の長城の中でも最も有名である「八達嶺長城」は、首都の北京から約60kmほどのところに位置しており、日帰りで十分満喫できる観光地となっています。

今回はそんな、北京市内(ダウンタウン)から、万里の長城まで、公共交通機関を使ってアクセスする方法を解説いたします!

60kmともなるとタクシーだと高く付きますので、電車を使って行くのがお得です! 万里の長城を訪れる際は、是非参考にしてみてください。

*この記事は2019年11月の情報を使用しています。最新情報と異なる可能性もありますのでご注意ください。

万里の長城「八達嶺長城」とは?

万里の長城は、総延長6000キロを超える、中国の各地に存在する人口の壁のことです。主に紀元前から建築され始め、北方からの敵の侵入を防ぐことを目的として建築されました。

現在存在する壁のほとんどは、明時代に作られたもので、中国語で「長城」といえば万里の長城のことを意味します。

そんな、万里の長城の中で最も有名かつ最大の観光地として知られるのが「八達嶺長城」です。明時代に作られたもので、首都を防衛する事が主な任務とされていました。

北京市内から近くに位置し、片道約2時間30分ほどでアクセス可能ともあり、地元の中国人のみならず、外国人の旅行客も大勢訪れます。

今回紹介するアクセス方法は、こちらの「八達嶺長城」へのアクセス方法となっています。

アクセス方法

今回は、北京の市内から万里の長城「八達嶺長城」までのアクセス方法を解説します。

なお、出発する市内の駅は、ダウンタウンの中心部である、1号線8号線(近日開通予定)「王府井駅」から万里の長城までのルートを案内します。ルートは以下の通りです。

地下鉄1号線 「王府井駅」→「東單駅」
↓「東單駅」:乗り換え

地下鉄5号線 「東單駅」→「立水橋駅」
↓「立水橋駅」:乗り換え
地下鉄13号線 「立水橋駅」→「霍榮駅」
↓「霍榮駅」:S2線
「黄土店駅」へ徒歩で移動し乗り換え。
④ S2線長城号 
「黄土店駅」→「八达岭駅」(八達嶺駅)
↓徒歩で1kmほど
万里の長城 八達嶺 到着。


料金は片道12元ほど

ピンク色の矢印が③番までの「北京地下鉄線」のルート 8号線が延伸すると直通します

*なお、地下鉄8号線が、「王府井駅」まで延伸中。開通すると①番から③の「霍榮駅」まで、乗り換えなしで行けるようになります。

①北京・地下鉄

先ずは、「王府井駅」から、北京地下鉄を乗り継ぎ、「霍榮駅」を目指します。

料金は片道5元程度で、所要時間は40~50分を見ておきましょう。

地下鉄の切符を買い、保安検査所を通り地下鉄に乗車
途中、5号線・13号線に乗り換え「霍榮駅」を目指します

②S2線「長城号」

「霍榮駅」に着いたら、S2線に乗り換えます。

運行会社が異なるので、改札を通り新しく切符を買う必要があります。

料金は万里の長城まで片道7元です。

地下鉄「霍榮駅」からS2線「黄土店駅」まで迷いやすいので、案内に従い歩いていきましょう。両駅は300~400mほど離れたところにあります。

「S2線」(Line S2)の案内に従って歩きましょう
改札に到着。列車は1日に数本のみの運行 「万里の長城行き」は13時41分発が最終です(復路は夜まで列車があります)
赤色がS2線の路線図です
切符を買いましょう 7元です
「長城号」という列車が止まっていますので乗車します 全車自由席です

S2線の時刻表

S2線は1日に数本しか運行しておらず、時刻表を確認して行くことをお勧めします。

北京市内中心部からS2線が発着する「霍榮駅」まで、地下鉄で40~60分ほどで。

ただ、S2線に乗り過ごすと、場合によっては2時間近く待たなくてはなりませんので、20~30分の余裕を持って「霍榮駅」に着くことをお勧めします。

ちなみに、帰りの列車は、午後を中心に1~2時間に1本程度の運行です。(帰りのダイヤは「八达岭駅」到着時に、時刻表がありますのでご確認ください)

S2線 時刻表(2019年)「黄土店駅」「八达岭駅」(万里の長城)
S201(月・金・土・日・祝日のみ運行)06:4608:05
S203(毎日運行)08:2009:34
S205(毎日運行)09:2510:48
S287(月・金・土・日・祝日のみ運行)10:4111:58
S207(毎日運行)12:1713:31
S209(毎日運行)13:4114:55

*最新の時刻表と異なる可能性がございます。必ずご自身でお確かめになりご利用ください(最終更新日2019年10月17日)

③駅から万里の長城まで

列車に乗車してから、万里の長城までいきましょう。

「八达岭駅」で下車しますが、駅から万里の長城までは片道約1キロあります。途中で、レストラン街やカフェもありましたので、疲れたら休憩しながら進みましょう。

列車は市内を抜け山間部に入って行きます 途中で進行方向が変わるので慌てないように(周りの中国人は「乗り過ごした」と慌てていました笑)
「八达岭駅」に到着です ほとんどの乗客が下車するので一緒に着いていきましょう ちなみにこの電車、英語放送等は一切ありません
体臭についていけば迷うことはないと思います ただ駅から万里の長城の入り口までは約1kmありますので、歩きやすい服装・靴をお勧めします
門を通り入場券売り場へ
チケット売り場で入場券を購入しましょう 35元です
到着しました!世界的に有名な「万里の長城」までは早くて2時間30分ほどで到着

最後に

所要時間は、北京市内から大体2時間30分ほどで、世界遺産「万里の長城」に到着です。

万里の長城の周辺には、お土産屋やレストランも点在しているので、1日観光できるスポットとなっています。

観光の際のポイントで、S2線「長城号」の列車の本数が少ないので、時間だけは遅れないように注意しましょう!

片道2時間以上かかりますが、中国No.1と言っても良い観光地で、知らない人はほとんどいないのではないでしょうか?スケールの大きさと歴史を感じられ、最もお勧めできる観光スポットの一つです!!!

北京を訪れた際は是非、万里の長城へ足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください