【ANA】サービスは最低レベルの日系航空会社!? エアジャパン(ANA子会社)国際線フライトレビュー

皆さんはエアジャパン(Air Japan)という航空会社をご存知でしょうか?

このエアジャパン。実はANAの子会社であり、サービス内容や飛行機などはANAと全く同じ仕様になっています。

いわゆる、子会社化して賃金カットすることを目的に作られた航空会社と言っても間違い無いでしょう。

現在エアジャパンは、ANAの短中距離国際線一部の運航便(特に成田発の便で外国人が経由便として使う便と中国への便)と、ANAの貨物サービス部門の運航をしており「ANAのサイトから予約すると気が付いたらエアジャパンの運航だった!」ということも少なくありません。

実際、子会社運航でも、「ANAと同じ飛行機で、サービスレベルも同じならいいじゃないか!!」と思う人もたくさんいるのは事実です。しかし以前筆者が、成田-香港線(エアジャパン便)を利用した際、そのサービスの質の差をもろに感じる出来事が多数ありました。

その例として…

機内食でパンとデザートを何人かに配らずスルーする。(私の友人が飛ばされキレていました笑)
乗り継ぎ客の影響で遅延するも、具体的な出発時間など一切アナウンスせず、結局1時間以上待たされる
待たされている際、機内がかなり暑く、ほとんどの乗客が機内誌で仰いでるのにもかかわらず、CAは後ろでボーっとしている

などなど成田ー香港線の往復で日系とは思えないような対応を目の当たりにして以来、個人的に非常に悪い印象を持っている航空会社です。(本家のANAでそんなことは1度もありません)

今回は、そんなエアジャパンに再び搭乗してきたのでレポートとして正直な感想を書き記したいと思います。

「果たして、今回はANAらしいサービスをしてくれるのでしょうか…?」

「そして前回乗った際は、たまたま偶然にもサービスが悪かっただけなのでしょうか?」(クルーによってもサービスの質は異なりますので…)

成田からシンガポールまでのフライトのレビューです!!

**この記事は2018年現在の情報を参考にしています。最新の情報と異なる可能性がございますのでご注意ください。

搭乗レビュー

フライト情報

NH803便(エアジャパンの乗務員にて運航)
出発地:成田
(17:00)
到着地:シンガポール(23:15)
フライト時間:7時間15分
機種:B787-9
搭乗率:約80%ほど(エコノミー)

まさかのスターウォーズ機! 空港から機内まで

今回はカナダからサンフランシスコ・成田経由でシンガポールへ向かう行程です。

チケットはカナダ出発の際に印刷しており、ユナイテッド航空からの購入となりました。

ゲートは28Eと記してあるので、早速行ってみると、バスでの搭乗です!!他の運航便もバス搭乗になっていたので、エアジャパン便はあまりゲートは使わないみたいです。(夕方のラッシュ時間の成田空港では、大手航空会社でもバス搭乗がたまにあります。)

本家であるANAの便より若干安く売られているので、致し方なく思います。

↑バス搭乗ゲート。飛行機を間近で見れる分バスでのボーディングは悪くはないですが、やはりゲート(ボーディングブリッジ)よりはストレスがかかります。

出発時間40分前に搭乗が開始します!!

バスに揺られること5分ほど…。

日本人も外人も「スターウォーズだ!!」と叫んでいるので顔を上げると、なんと有名なスターウォーズ塗装の飛行機が搭乗機でした!!

数年前まで、エアジャパンは古めのB767という飛行機のみを使用していましたが、最近はB787など最新鋭の運航も任されているようです。

機内では、普段流れるANAの音楽とは違い、スターウォーズのテーマソングが流れています!

座席のシートはちゃんとスターウォーズ使用になっており、内部も手をかけているようです!

ヘッドのところはスターウォーズのデザインになっているものの、ほかのところは従来のANA機材と何ら変わりはありません。

ビジネス客もいますから、流石に内装全てをスターウォーズにするわけにもいかないんでしょうかね。(笑)

↑シンガポールへ出発準備中です。

↑滑走路までの地上走行中は、スターウォーズをテーマにした、照明・BGMになっていました。

また自動アナウンスでR2C2が出てきたりと、ところどころスターウォーズの要素が出てきます。

↑無事にシンガポールへ向かって離陸しました。

ここからは本題のエアジャパンのサービスについて触れていきたいと思います。

やっぱり最悪の日系国際線!? エアジャパンのサービスとは?

今回はサービスの改善を期待して乗ったエアジャパン。

しかし結論から言いますと、今回も日系なのか?」と言うほど残念なフライトでした(笑)

私はもともと日本の航空会社に関しては厳しく見ていますが、それにしてもANAの本家やJALなどと比べると、サービスの質が悪いと思います… 。

では具体的にどんなことがあったのか、順に述べていきたいと思います。




①やっぱり出発遅延でも何も説明なし

機内に入り席に座って数分後、乗り継ぎの客を待つから少々遅れるとのこと…。

前回同様「また待たされるのか…」と思いきや、はじめ英語でアナウンスした後、何故か日本語でのアナウンスがありません(笑)。結局今回は10分程度の遅延だったので全く問題はないですが、何故日本の航空会社の日本人のCAさんが、英語のアナウンスはするのに、日本語では教えてくれないのでしょうか? いささか疑問です。

②ドリンクと機内食の配膳がめちゃくちゃで効率悪すぎ

離陸して5分ほど、シートベルトサインが消え他の航空会社ならドリンクサービスを開始するところです。しかし、なぜかこの便、18時と夕食時に出発したにもかかわらず、全然準備が始まりません…。

結局シートベルトのサインが外れてから60分程経つとようやくドリンクを配り始めました。(中距離国際線なのでちょっと遅めなのかな?)

ドリンクの後には機内食を配り始めます。

ですが、何故か私の前の列まで配って、CAはワゴンごとどこかへいってしまいました…。

何をしているのか見てみると、なんと前からデザートのアイスを配り始めています(笑)。

結局機内食を受け取ったのは20時頃…。デザートも一緒に渡されました。(笑)

別にぶっちゃけおなかはすいていなかったのでいつ来ても良かったですが、配り方に順番はないのでしょうか?

前の人(同じエコノミー)が機内食を食べ終わりデザートをもらった後に、ミールとデザートが一緒に来るなんて、アメリカの航空会社のほうがマシなのではないかと思ってしまうほどです!!!

↑今回は天丼をいただきました。ANAの便と全く同じメニューが提供されます。味自体はとても美味です。

アイスはハーゲンダッツ機内食自体は、栄養バランスも考えられており、満足のいくもの。

↑さすが日系、機内食の配る時間帯などもパンフレットに記載されています。

本来、東南アジア路線ではドリンクは離陸から30分後・機内食は60分後に来るはずなのですが、その限りではないようですね。

↑もちろんWiFiも使用可能。7時間のフライトで22ドルだったらお得なのではないでしょうか?

③食後のティーサービスが後尾列まで来ない!! コーヒーを頼んでもガン無視。

今回一番不可解だったのがコーヒーの件です。

CAさんが食後にコーヒーやティーを配り始めたので待っていると、何故か26列らへんまで来て戻ってしまいました…。

またそのうち来るだろうと思いきや、その後も戻ってこず(笑)。

数十分して、CAさんがごみを回収しに来ました。

その際、今まで日本語で話してきていたのになぜか英語で聞いてきたので、いつもの調子(北米に住んでいますので)でついでに英語でコーヒーを頼むと、「…」という謎の間が空き、ミルクと砂糖を聞かれたので、1つずつお願いしました。

その後、何分経ってもコーヒーはやってこず…。

結局最後まで、頼んだコーヒーはガン無視されてしまいました(笑)

日本人に英語で話しかけられたからイライラしたのでしょうか? それでは、なぜそれまで日本語で話してきていたのに急に英語で話しかけてきたのでしょうか?(機内後方部はかなりすいていたので乗客のことも把握できたと思います)

日系の航空会社で、ここまでサービスが適当なところは見たことがないという感想で、まるで外資系の客室乗務員のような有様です。

一つ前に乗った、ユナイテッド航空の乗務員のほうが愛想は悪いけど頼んだものはちゃんと持ってくるのでマシだと思えるほど… 。

結局、今回もエアジャパンの便は以前香港便で乗った時以上に、最悪のパフォーマンスを発揮してくれました。

↑着陸前の軽食・チーズパン。こちらもANA本家と全く同じ。

ちなみに映画やモニター・機内のエンターテイメント類はANAとすべて同じ仕様です。

まとめ

まとめとして、エアジャパンはやはり残念なサービスレベルの航空会社でした。(個人的見解)

以前、数年前に乗った時は、たまたま往復とも適当なクルーにあたってしまっただけだと思い込んでいましたが、今回も最悪だったので、やはりこれが標準レベルのサービスなのだろうと感じます。

予算を削減するために子会社化しており(おそらく)、その分乗務員の給料も低いと就職情報サイトで記載されているため、CAのレベルが本家・ANAと異なってくるのも当然なのかなと感じます。

筆者の意見では、このエアジャパン運航の便。サービスの質も劣りますので、できるだけ今後使いたくないなと思います。いままで海外含め、ここまで悪いと思った航空会社に乗ったことがなかった分、日本にこんな航空会社があるというのは非常に驚きでした。

↑無事シンガポールには定刻で到着。

**なお今回のレポートはあくまで個人的な感想・体験を記事にしたレビューです。担当するクルーなどによってもサービスの質は異なってきます。エアジャパンについては「サービスが良かった」と評価している方もたくさんいらっしゃいますので、その点ご了承ください。

5 件のコメント

  • ANAダイヤモンド 9年目です。いつもは羽田なのですが、今回は千葉に用事があったのでSIN-NRT NH804を利用しました。大きな問題はありませんでしたが、CAさんのスキルや気配り、状況判断力の低さを感じます。スレ主さんに起こった事がいつ私に起こっても不思議はないなと思います。スイートラウンジのサービスにも空港間格差がありますので成田便は極力避けたいですね。

    • 客室乗務員も他社から移籍してきた方も多いそうです…。一方、ANA本体は均質で質のいい客室乗務員が多いというイメージを持っています。勿論クルーによってサービスは変わりますが、長年上級会員の方がそう感じられるのも個人的に納得です。

  • エアージャパンではなく、ANA本体で、何度かいやな思いをしております。

    ANAのCAさんは本当に感じ悪いです。

    2019年5月10日、NH843便シンガポール発羽田行きを利用しました。
    着陸前にデニッシュ?が配られ、飲み物を待っていたけど、スルーされたのか、サービス終了したようだったので、中央のギャレー?に行って頼もうとしたが、誰も居ない。しばらく待ったが、サービスも終わっているがCAさんは機内にもどこにも見えず。(うしろのギャレーにいたのかな)
    私は通路席の人に迷惑がかかるので席に戻り、今度はCAさんが通らないか待ってみた。15分くらい待ったが、もう着陸準備になってはいけないと思い、申し訳ないが呼び出しボタンを押した。(生まれてはじめて押しました。)
    少しして現れたCAさんはむっとした態度。カーディガンを着た背の低めの30代くらいのピンクのスカーフの人だった。

    お客様第一とかうたってるけどぜんぜん嘘。
    何十回と乗ってるけど毎回こうゆう感じ悪いCAさんに嫌な思いさせられる。
    だから本当は乗りたくないけど、時間帯とかの都合で乗ってるだけ。

    • ANA本体でも、クルーによっては不快な思いをした方は多くいらっしゃるようですね…。
      後から注文すると嫌そうな雰囲気がモロに出てるクルーが個人的に多いと思います(笑)。
      個人的にそういうところが日本航空との違いと感じます。

  • 私は、ANAで、2年前ニューヨークJFKから羽田空港に向かう機内で、最悪のCAに遭遇した。髪は肩より上のオカッパ。私はエコノミーの前の席で、CAと向かい合わせ。到着前クルーも着席に。あくびは、何回もするわ。しまいには爪にオイル?か塗りだした。リップもシラっと塗った。到着したらデート?なんて思ってしまう。ずっと下向いてお客様の様子なんて、全く無視。この事はさすがに到着してから、電話で報告させてもらった。動画や写メもとっている。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください