成田で格安ステイ!! 9h nine hours  空港泊を防ぐお手軽カプセルホテル

空港泊 というと、俗に早朝初の便に乗るため、空港のベンチなどで一夜を過ごすことを言います。 筆者は家から成田まで4時間近くかかるため、比較的安い朝早くの便を利用する際、空港泊をするのですが、ゆっくり寝付けないし腰は痛くなるし最悪です(笑)。 特に学生などは予算が限られているため、空港泊を余儀なくすることが多いです。そんな方々に紹介したいのは「実は、成田空港内にはなんと約5000円で宿泊できる施設が存在する」ということです。 今回はそんな成田のカプセルホテル、9hours を解説・レビューいたします。

 

↓羽田・関空のカプセルホテルはこちら!!

羽田・関空で格安ステイ‼ first cabin レビュー

 

概要

9hours は成田空港に存在するカプセル式の簡易ホテルです(成田以外にも支店はあります)。 空港第2ターミナルから直接歩いて行ける距離にあるため非常に便利な施設です。 成田で前泊する場合、空港周辺にもホテルはたくさんありますが、ほとんどのホテルは無料リムジンなどで、ホテルまで移動するのに時間がかかるため、空港内にあるこのカプセルホテルは、非常に便利な立地となっています。ちなみに、第1・第3ターミナル利用の方も、空港ターミナル間バスを使えば、第2ターミナルまで無料で移動することができます。

…第2ターミナルには9hoursの案内(カプセルホテル)もたくさんあります。到着ターミナル階と出発ターミナル階の間のフロア(F2)から、「カプセルホテル」の表示を目指して進みましょう。

…エレガントなデザインとなっています。

 

料金

料金設定は日によって多少の変動はありますが、7日・14日・45日・60日前割引プランでは3900~5900円スタンダートプランになると5900~6900円が相場となっています。ちなみに、540円で朝食をつけることもできます。朝食はナインアワーズより徒歩1分「カフェ・ド・クリエ 成田空港第2ターミナル店」のモーニングセットの中から好きなものを選ぶことができます。たまご、ソーセージ、デニッシュサンド(タマゴサラダ、ハムチーズ、エビとツナ)の5種類です。空港内にあって、この価格だからかなりお手軽になっています。男女部屋も分かれているので女性でも安心です。

 

アメニティー・客層など

ホテルに入ると、カウンターがあり、ほとんど普通のホテルと同じ仕様になっています。

チェックインを終えると、次のフロアはロッカールームです。ちゃんとカギがかかるロッカーで大きい荷物でも入るので、安心して休むことができます。

カプセルは二段の使用になっています。シェードをおろせばプライベート空間になるので落ち着いて睡眠をとれます。カプセルホテルですが、客層はビジネスマンや欧米系の方が多く、終始非常に静かでした。

ライト調節もでき、雑音防止用に海岸の波の音が流れるリラックス機能も付いています(笑)。 ホテル自体、清潔感がありなかなか快適です。(エクスペディアの評価では、5点中 4.1点になっておりました)

シャワー室です。衣服などを置いておくスペースやシャンプー類も備え付けで清潔感があります。備え付けシャンプーは、ある程度良いものなのか、髪の毛がぱさぱさになることはありませんでした。

アメニティー類においては、歯ブラシ・スリッパ・バスタオル・館内着・ドライヤーなど、必要最低限のものはほとんどそろっています。

 

まとめ

今回、初めて9hoursを利用した筆者ですが、非常に清潔感があり、カプセルホテルとは思えないほど快適でした。 料金も事前に予約を入れれば5000円代の日が多く、コストパフォーマンスは非常にいいです。 空港泊(ベンチでの宿泊)で1日目から疲労がたまった状態で旅行を始めるよりは、5000円払って最高の状態で現地に飛びたつことをお勧めしたいです(笑)。皆さんも機会があったら是非利用してみてください!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください